手作りの酵素ドリンクを作ってみよう

手作り酵素ドリンクの作り方

手作りの酵素ドリンクを作ってみよう

酵素ドリンクは市販で購入すると簡単で、手間も掛からず簡単に手に入れる事が出来ますが、自分で作れば、経費が掛からずに酵素ドリンクを飲む事が出来ます。

 

では、どのように自宅で酵素ドリンクが作れるのか説明していきます。
まず用意するものは、野菜やフルーツですね。
もっとも基本的で大事な材料ですので、注意して選ぶ事が大切です。
質の悪いフルーツや野菜を使ってしまうと完成品である酵素ドリンクも質の悪い物が出来上がってしまい、作った本人が後悔してしまう、という状態になってしまうので注意が必要です。
材料は、なるべく無農薬のものを用意しましょう。
フルーツなどは皮ごと使用します。
フルーツの皮には栄養分がたっぷりと含まれて居ますので、キウイなどの皮が薄いフルーツはそのまま使用するのがベターになります。
春から夏にかけてはスイカ、トマト、意外なところでは、ゴーヤを使うのも面白いです。甘い酵素ドリンクの中にきりっとした風味が加味されて、絶妙な味に完成します。
秋以降のものではみかんや人参、大根、りんごなどがお勧めの食材になります。においの強いねぎなどは使うのをオススメしません。
ミキサーに出来上がったら、20度以上25未満の目安で、適温の場所に保存します。

 

この出来上がった酵素候補のものは、20日ほどかけて発酵させます。
期間が過ぎて発酵し終わったら、少しドロッとしたものが完成します。これを酵素シロップと呼ぶのですが、これが酵素ドリンクの元となります。
この酵素シロップをしようして、ミルクやお湯などと掛け合わせて酵素ドリンクの出来上がりです。